福岡県福津市の害虫駆除専門業者 | P.T.O

PTO

NEWS

新着情報

【クロゴキブリ 】クロゴキブリ の生態

お知らせ 2020年10月2日

 

いつもお世話になっております。

 

今回は、苦手な方が多いと思われる

クロゴキブリの生態について投稿させて

頂きます。

 

まずゴキブリは、

2億5千万年前には存在していたといわれています。

多くの人が最も嫌いな害虫として挙げる、嫌われ者で、見た目が不快なだけではなく、病原菌の媒介やアレルギーの原因にもなります。

 

 

クロゴキブリ
  • 30~40mm、黒褐色で、全国的に分布し、一般家庭でよく見られます。
  • 1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵数:22~28個
  • 一生に15~20回卵鞘として産卵します。
  • 成虫は6~7ヵ月生きます。

 

 

ゴキブリの実害としては

  • 病原菌の運搬(サルモネラ菌、赤痢菌、小児麻痺ウィルス)。
  • 糞(フン)、死骸などがアレルゲンになる。
  • 見た目、突然の出没、不潔さなどによる不快感。
  • 食品を食べ、書籍を汚す。電気系統の障害(ショート)を引き起こす。

等がございます。

 

 

こんなにも病原菌を持っているゴキブリですので、余計にお目にかかりたくはないですよね(泣)

 

 

 

過去に施工をさせて頂いた、お客様で

エアコンが壊れた方もいらっしゃいます。

 

 

エアコンの中でゴキブリが繁殖し、そのゴキブリが配線をかじりショートさせ、壊れたようです…

 

 

こんな経済的な被害をももたらす、

ゴキブリ(>人<;)

 

 

1匹でも見かけたら、まずはプロにご相談される事をお勧め致します。

 

 

 

本日もご覧頂き誠にありがとうございます。

 

 

明日も皆様が笑えますように。

 

 

 

 

記事一覧をみる

CATEGORY

電話する
お問い合わせ